トップ

歯科の欠かせないもの

歯科器具を滅菌する用具

歯科医院におけるオートクレーブ

歯科診療に使う器具にはディスポーザブルと言われる使い捨てのものと、繰り返し使用するものの2種類があります。ディスポーザブルのものは一回限りなので心配ありませんが、繰り返し何度も使うものには安全性が欠かせません。特に歯医者の道具は口腔内での使用が多いためなおさら清潔でなければなりません。そのためには殺菌や除菌では足りません。歯科には、いる全ての菌を死滅させる滅菌という概念が必要とされます。そこで、高圧蒸気滅菌器、通称オートクレーブが多くのクリニックで導入されています。121℃で20分の滅菌をかけることで菌を死滅させることができます。万が一の事故を防ぐためにもオートクレーブの重要性は増しています。

オートクレーブで清潔な治療

歯科医院では様々な器具が使われていますが、患者さんごとに清潔な器具を用意する必要があります。そのため、ピンセットなど日頃使う道具から手術用の器具まで滅菌できるオートクレーブと呼ばれる機械を使っています。オートクレーブとは、高圧蒸気滅菌機とも呼ばれ、歯科では毎日数回は使用されています。患者さんに対する感染の対策としてはもちろん、清潔な器具を使うことで、治療する部位への雑菌の侵入を防ぎます。歯を削ることで、使われた器具には唾液や血液が付着しますが、それらを洗い落としてから滅菌することで、清潔な器具になります。

↑PAGE TOP